Mac 互換オフィス6選を比較

Google

Windowsを使っているときは、OfficeはMicrosoftで問題なかったのですが、Macを使うようになり、最低限のことができればいいなと思うようにもなり互換Officeを探してみました。結構ありましたし、互換性も悪くなかったです。ただ、Windowsはフリーソフトが多いのにMacは有料のソフトが多いことに驚きました。元々、Macのソフトを作ることは大変で、Appleの流儀にも習わないといけないのでフリーは難しいだろうなと思ってはいたのですが残念です。

しかし、OpenOfficeから派生したLibreOfficeや、Googleのドキュメントなど十分すぎるソフトもありました。Microsoft Officeが登場して何十年も経つのでやはりみんな互換性を大事にしていて、行き来してもファイルが壊れることはありませんでした。

WPS Office(KingOffice)

WPS Office

中国産のそっくりです。完コピ。一つのソフトにWord,Excel,PowerPointが入っていて、価格は永年が7000円、1年プランが3300円です。リボンも踏襲していて、関数やデーターベースもばっちりです。問題があるとすれば、Excel独自の日本語関数ぐらい。あとはほとんど問題なく、これでExcelを学んでも問題ないんじゃないかというレベル。中国すごい。動作で、もたつくこともなく、ファイルの行き来もファイル形式も問題ありません。独自のフォーマットにするなんて言うこともなし。Macユーザーにすれば、MS OfficeもUIがうつくしいとは言えないのでWPS Officeも同じようなものです。関数が動き、印刷ができ、Pythonが動き、データーベースが動いてくれればOK。PowerPointも癖がなくスライド作りやすいですし、Wordも同様にスタンダードで気に入りました。Microsoft 365を買えばいいんですが、そこそこで良かったのでこれで十分でした。

●キングソフト公式で体験版をダウンロード

LibreOffice

LiberOffice

OpenOfficeの後継でWindowsもLinuxもあるオープンオフィスの老舗。リボン形式はなく、ちょっとケバいですが、機能は十分。関数も動きますし、Excel独自の動作もきちんと模倣してくれています。ファイル形式はMS Office形式にするかOpenDocuments形式にするか尋ねてきます。ファイルの行き来も問題ないですが、iOS,iPad版はなく、またクラウドを提供していません。90年代のOffice全盛期をそのまま持ってきたような古さがありますが、使えますので有用でしょう。

Google WorkSpace

Googleスプレッドシート

Googleの生産向上ソフト群を評してこう言うようです。Googleドキュメント、スプレッドシート、スライドがあります。デスクトップアプリケーションはiPad,iOSにはありますが、Macはブラウザで動作します。これも互換性ばっちりで関数もデーターベースも動き、独自のフォーマットもありません。スプレッドシートではアプリも作れ、ピポットテーブルも作れます。クラウドベースでは関数が一番充実しています。MSの評判の悪いリボン形式ではなく、90年代のインターフェイスなので戸惑わず使うことが出来ます。Googleはすごすぎるのでこんな化け物をクラウド料金だけで使わせてくれるのは天国としか言いようがありません。

iWorks

Numbers

AppleのOffice郡です。Microsot OfficeとはKeynoteが互換性がありません。ただ、Macを使う上で無料で入ってますし、JobsはプレゼンテーションにKeynote使っていたでしょうし、一応入れました。UIが洗練されています。Pagesなどはすごく使いやすいです。共同作業も出来ます。ただNumberはやや独自色が強く、.xlsファイルに対応しているものの、タブ表示が上下逆だったりします。Keynoteも独自のフォーマットでPowerPointと互換性はありません。MacやiPhoneで完結してしまうのであれば、Microsoftにこだわる必要もないかなと思い、取り上げています。iPadも無料があります。便利です。Microsoftを使っているとややAppleのこれは独自色が強いなと思いますが、むかしからAppleとMicrosoftはライバルですからまったくOfficeを無視したこういう作りも嫌いではありません、むしろ好きです😆 iWorksと呼ばれ有料で販売されていましたが、macOS XになるあたりからOSと統合し、無料になりました。

Office Online

Office Online

OneDrive内のOffice。Microsoftがやっていることから互換性は100%です。ただ、細かな操作にバグがあったりしてMSの課金してねという思惑が透けて見えます。その圧力??に対しても別に気にしなく、最低限のことができればいいという人におすすめ。UIもOfficeとそっくりで戸惑うことがありません。ダウンロードも出来ますし、暗号付きフォルダーに入れてファイルを管理することも出来ます。ログインする場合は、スマホアプリがあれば、スマホに通知が来てOKを押すとログインできるという仕組みです。

一応Microsoft Office

永年版はMacの場合、OSをアップデートすると使えなくなる場合があります。でも相当の期間サポートしてくれます。それに換え、Micrsoft365は1年であればPC2台、iPad,iOSで最新版を使わせてくれ、OneDriveも2TBまでOKです。Skypeの無料通話まで付いてくるという大盤振る舞い。これで一番安く買うのがAndroidのGoogle Playですが、Amazonのセールの時も安く売っています。数ヶ月だけ試してみたいという場合、お名前ドッドコムやマイクロソフト本体で月額で利用することが出来ます。仕事で先方からExcelファイルでお願いと言われた場合、これしか選択肢はありません。

まとめ

互換性重視で使うなら、WPS Officeがおすすめです。ブラウザで良いならOffice Online。ブラウザでも関数やデーターベース重視したいなら、Google WorkSpace。仕事でファイル形式が必要ならAmazonでMicrosoft Office買うしかないです。Microsoftなんてきらいだ(笑)という場合はiWorksおすすめ。洗練されていて使いやすいです。90年代のオフィスが懐かしくて好きだと言う場合、LibreOfficeおすすめ。ぼくはそっくりさんのWPS Officeを使っいて、仕事でExcelファイルお願いと言われたらMicrosoft365買おうと思っています。フリーでも互換性を重視したいという場合、Office Onlineしかないでしょう。Microsoft 365を購入しても、WordやExcelで図や表がズレるという報告がありますが、そういう場合、MacにWindowsを導入するしかないです。仕事なので、しょうがないです。若しくはWindows機を買って、オフィス作業だけはそれで済ませるとか工夫が必要になってくるでしょう。そうでなければ、iWorksでも十分で、美しいUIに生産性も上がるはずです。Google WorkSpaceはiPadはiPad/iPhoneであれば、アプリがあるので優秀なGoogleのオフィススイートを存分に使うことが出来ます。以前に比べ、Macも使う人が多くなり、Officeも選び放題になってきました。互換性は頭の痛い問題ですが、うまく乗り切ってMacで今日も元気に仕事しましょう。

フジアイス

タイトルとURLをコピーしました