当サイトのプライバシーポリシーはこちら

無印良品の65W充電器をiPhoneなどApple製品で使ってみた

iPhone

無印良品の65W充電器(USB-C2ポート、USB-A1ポート)が税込み2990円という格安で売っていたので、従来の充電器とUSB-A-Lightningケーブルを使った充電とどれくらいスピードが違うのか、iPhone12 miniとiPad Pro12.9、それからM1 MacBook Airで比べてみました。MacBook AirはUSB-CなのでAnkerの30W 511 Chargerとの比較です。

iPhone12 65W 急速充電
22%10min
60%32min
73%43min
80%50min
86%1H5min
93%1H14min
100%1H48min
iPhone12 USB-A通常充電
10%15min
33%1H9min
47%1H27min
80%2H9min
85%2H18min
90%2H36min
100%3H18min
iPad Pro 12.9 第二世代 65W 急速充電
10%12min
25%29min
41%50min
50%1H1min
63%1H22min
80%1H50min
100%2H49min
iPad Pro12.9第二世代 USB-A通常充電
10%38min
18%1H
29%1H34min
49%2H35min
67%3H37min
80%4H33min
100%6H4min
M1 MacBook Air 65W 急速充電
10%7min
25%19min
50%39min
70%57min
85%1H16min
100%1H41min
M1 MacBook Air 30W 急速充電
10%13min
25%34min
50%1H6min
75%1H39min
80%1H47min
100%2H19min
無印良品の65W充電器と通常の充電器で比べてみました

iPhone12 miniは100%までに1時間30分の差が出ました。バッテリーの最適化をしているので、いずれも80%までは速いのですが、それからが遅かったです。iPhone12 miniはバッテリー容量が小さいのにこれほどまでに時間に差が付くとは、いかに急速充電するほうが効率が良いかがわかります。M1 MacBook AirはUSB-Aが使えないので30WのUSB-C充電との比較でしたが、38分の差が出ました。バッテリー容量はそれなりに大きいと見られ、これだけ急速充電ができると過充電などがなくなり非常に助かります。30Wでも十分なパフォーマンスを出していましたが、無印のそれではより急速充電ができ、満足の結果となりました。そしてiPad Pro12.9第二世代ですが、こちら急速充電に対応していませんが、バッテリー容量が大きいタブレットです。3時間15分の差が出ました。これはもう急速充電器を使わないとやってられない差です。通常充電は、プラグに刺しながらYouTubeを見ているとバッテリーが減っっていくのがわかります。このように11〜13インチレベルのiPadは急速充電器+対応ケーブルを買うことを強くお勧めします。

無印のこの急速充電器は1ポートだけのとき、65Wなのですが、2ポート使ってもUSB-A充電器に比べれば、十分な出力を出します。それにこの手の充電器をAnkerなどで探すと1万円近くするので、この安さは魅力的です。ぜひ店頭に行って大きさなどを見ながらご購入を検討してみて下さい。その時、対応ケーブルを買うのをお忘れなく。

無印の65W充電器、USB-C2ポート、USB-A1ポートのスグレモノ。
Ankerで同じようなものを探そうとすると値段が一気に上がります。

各ポートの出力はこうなっています。

コメント