[TP-Link RE200レビュー、中継機としてあまりにも優秀で廉価、ただし自動切り替えはできず

TP-Link RE200 アウトレット

ルーターと部屋が離れていた

現在、わたしの自宅はWi-Fiルーターと部屋が離れており、部屋の隅に行くとWi-Fiが届かない状況にありました。4G通信でもいいかと思っていたのですが、Wi-Fiが微弱でもあるとスムーズに切り替えが出来ないようで、ルーターの中継機を探しました。Amazonで探したのですが、良いものがAmazonアウトレットで売っており、¥1774で買えました。

まず、Wi-Fiルーターの近くでRE200の電源を入れ、マニュアルのQRコードを読み取ってスマホでアプリを立ち上げます。その後、IDを登録してセットアップ完了。お目当ての部屋に持っていき、電源を入れると、Wi-Fiに○○EXTというものが追加されているのでそれに繋ぎます。2.5GHzと5GHzの両方あります。5GHzの方が建物や電波などに強くただし距離は短いという周波数で、2.5GHzは距離は長いけど、障害物などの鑑賞に弱いという部類の周波数です。中継してしまえばどちらでも良いですが、電波の強い5GHzの方をわたしは使っています。

Wi-Fi本体と中継機の自動切り替えや中継機自体の2.5GHz、5GHzの自動切り替えはありません。Wi-Fiで手動で切り替えることになります。この機能が欲しい場合は、もっと高い機種を買うことになるでしょう。

使ってみると快適

使ってみた感想はWi-Fiと部屋があんなに離れ、ドアも2つあるのに安定して通信ができることです。これによって、スマホだけじゃなくiPad,Mac,EchoShow5,Google Nest Hubなどもこちらに接続して途切れることがなくなりました。説明書にはWi-Fiで○○EXTに接続するってことが書いてないので、あれ電波が弱いままだぞと思ったのですが、ググってみると自動で切り替えてくれるものではないことが判明し、Wi-FIで手動切り替えしました。2000円もしないでこの安定さを手に入れられたのは大きいです。契約しているJ:COMにもメッシュWi-Fiというのがあるのですが、月額800円取られるので中継機を探したらあっさり安いのがありました。J:COMさんももっと安く、レンタルさせてもらえればAmazonで探すことなく契約したのに残念です、しかもメッシュWi-FIは2台送られてくるのでコスパ悪いです。

大きさはたばこくらい。重量もあまりなく、イーサネットが付いていてあとはランプが付くだけの電源差込型です。イーサネットはゲームする方にはとても良いですね。お陰でMacでもiPhoneでもWi-Fiの電波がいつも最強に入っており、いままでチャットのサポートを受けて途切れてしまったり、EchoShow5が通信不可になる期間が長かったりしたのが解消されました。もちろん寝っ転がってスマホでYouTube見ててもオフラインになることもなくなり快適です。

IDを登録するのが面倒ですが、適当なパスワードを登録すればいいので簡単といえば簡単です。またルーター型のように場所を取らないのも良いですね。コンセントに差し込めばそれで準備はOKという形です。本体のランプには2.5GHzと5GHzのどちらが通信可能かとかイーサナットの通信は可能かとか表示でわかるようになっており、だめであれば青いランプが赤く光るのでこれまたわかり易いです。

みなさんの中で部屋への電波が弱くて途切れてしまうという方、ぜひTP-LinkのRE200使ってみてはどうでしょうか。おすすめします。Amazonアウトレットで買うともっと安いです。アウトレットは開封しただけで未使用です。

TP-Link RE200
TP-Link RE200
TP-Link RE200

最後に

長く使っていると通信が不安定になることがあります。そういう時はRE200の電源を入れ直し、スマホアプリもログインし直します。それでもだめな場合は、ルーターを再起動してからまたRE200のセットアップをやり直します。面倒ですが、そういう作りになっているのでしょう。2000円もしないで買っているので文句は言えません。2.5GHzと5GHzでは後者の方が安定して通信できます。もしプロバイダーのメッシュWi-Fiなどを検討の方は、このTP-Link RE200を試しに購入してみてはどうでしょうか。場所も取らないし、ホワイトできれいだし、スマホで設定できるし、MacやiPadにもWi-Fi届くし良いことづくめです。ときどきメンテナンスしてやらないといけないのはご愛嬌として、かわいく見守ってあげてください。

フジアイス

タイトルとURLをコピーしました