[iPhoneがUSB-Cを採用しない理由

iPhone

Appleがlightningをやめるなんて都市伝説になっている感もあるようですが、これにはきちんとした理由があるようなのです。アナリストのミンチークオ氏によるとライセンス販売のMFiビジネスに影響する他、防水性に問題があるとUSB-Cは指摘されています。
それに加え、安価で粗雑なUSB-Cを採用することにより、Appleが重要視しているプライバシーが侵害されるのです。警察や犯罪者があらゆる侵入ツールを使い、iPhoneに接続することによりApple最大の懸念が侵害され、ひいてはお客のためにならないとAppleは考えているようです。そうでなければ、充電速度に秀でたUSB-Cを使わない手はありません。

MFiビジネスの金額は膨大な金額で、そう安安と新型iPad miniみたいにUSB-Cに変えることはできません。iPadは魔法のようなツールですが、iPhoneほど重要な情報は入っていなく、生産向上ツールのため、iPad AirやiPad Proを含め、決断に至ったようです。Appleもお客様のためという前提とプライバシーそして利益を天秤にかけ一番良い選択肢をしていると思われます。

将来的にはlightningは廃止され、MagSafeが取って代わるとクオ氏は指摘していますが、Macへのバックアップやその他DACとの接続、マイクやSDカードとの接続などlightningの役割はまだまだありそうで、それらがすべてBluetoothで解決できないとAppleも決断しないでしょう。

フジアイス

タイトルとURLをコピーしました