Mac Office 永久ライセンス2021を使いながらiPadでクラウド同期もする

Mac Office 2011 Mac

Mac Office 2021が発売されました。わくわくしますね。ぼくは早速、Home & Bisiness 2021を買って永久ライセンスを手に入れましたが、みなさんはどうでしょうか?Microsfot365と迷っている方、なぜ永久ライセンスの方が良いのか自分なりにコスパの良い方法を探ってみたのでぜひ最後まで読んで下さい。よろしくお願いします。

MacのOfficeにはサブスクリプションと永続版がある

MacのOfficeには現在、Microsoft365と永続版のMac Office 2021の2種類があります。永続版のOfficeはOutlookの付いたMicrosoft Office Home & Business 2021とそれのないMicrosoft Office Home & Student 2021 for Macの2種類があり、最新のmacOS3バージョンをサポートします。

Mac遣いでも、出先ではiPadをヘビーに使い、Macは持ち歩かないとか、Wordの文章をiPhoneで確認したい、iPadでPowerPointのプレゼンをすることがあるなどの場合は、当然ですが、Microsoft365をおすすめします。けれど、ソフトはオフィスですし、MacBook Airを持ち歩けばいい話ですので、毎年11,682(Amazon価格)円払い続けるより、一括で買ってしまいmacOSもあまりバージョンアップせず使い続けるというのがコスパの良いやり方だと思います。それよりMacBookは数年おきに買い換えるとかファイルはクラウドに置いておくのが一番安全だと思う方にはやはりMicrosoft365をおすすめします。

永久ライセンス版はやはり良い

MacBook ProやiMacなどを長く使い、iPadやiPhoneではオフィスは使わず、もっぱら会社や自宅のMacでオフィスを使うことが多いという人には永続版がおすすめです。Microsoftに毎年集られることもないですし、一度買えば、macOSが除外にならない限り、サポートしてくれます。またクラウドに大事なファイルを置いておくのは不安だという向きにも永続版がおすすめです。無料領域のOneDriveを使うこともできますし、会社のNAS、Mac、タイムマシーン、SDカードなどどこに置いてもいいです。ローカルドライブのみが良ければそれでも大丈夫で、SDカードなどでバックアップしておけば安心です。

ぼくがなぜ永続版を買うかと言えば、Macをそんなに頻繁に買い換えられないのです。iPhoneやiPadの中古は買うことができても、Macとなれば最低7万円はしますし、コスパを考えるともはやM1 Macが良いので10万円超えになります。それをそう簡単に買い換えることができないのです。しかも固定ソフト、例えば1Passwordなども買い切りをしており、Macを買い換えればまた買い直すことになります。
会社の経費で落とすことができるなら良いですが、Macは基本的にできることは変わらず、ソフトによって成り立っています。その代表格であるオフィスがiPadもクラウドも使わないのに、毎年11,682円払うのはもったいないと思うのです。ぼくはMac最低3年は使います。そう考えると、11,682×3=35046円で、Microsoft Office Home & Student 2021 for Macは、23,562円、11,484円の節約です。 Microsoft Office Home & Business 2021の34,452と比べても594円得です。しかも4年5年と年月が経つとその価格差がどんどん広がっていきます。

Officeコスパグラフ

Microsfot365にはセールがあるじゃないかと言われるかもしれませんが、永続版も毎日のようにAmazonを見ていると最新版の1台限りのものが12,800円などで売っていることがあるます。自分はそれで買いました。コスパ良すぎです。OneDriveは5GB使えますので、永続版を使いながらクラウド保存も可能です。両得ですね。iPadはバッテリーや操作性に優れ、出先で“見る”には便利ですが、編集するとなるとMagic Keyboardがほしくなったりして結局MacBook Airを持ち歩くのが良いなと思います。iPad 12.9に限って言えば、MacBook Ariとあまり変わらない重量でMagic Keyboardも加えるとAirの重量を超えます。

とにかくアクティブにiPhoneでもiPadでも頻繁に資料を見せたりプレゼンすることのない人は、永続版がおすすめです。それでなくてもサブスクリプション全盛でiCloudにApple Music、Netflixに1Passwordと課金の波は収まることを知りません。じっくり文章や数字と向き合うオフィスくらいいつまで使っても固定料金だよと言われたいですよね。

永続版を使いながらiPadでクラウドするには

しかしクラウドやiPadを使いたいときもあると思います。そんなときはOffice Onlineがおすすめです。SafariでOneDriveを開いて、iPadで編集するとMac側にも反映されます(一旦、ファイルを閉じる必要があります)。さらにクラウドに保存しているので自動保存です。Macで編集したファイルもiPad側にはちゃんと即時反映されます。Office OnlineはWeb版Officeで無料です。OneDriveも5GBとGoogleDriveの15GBには敵いませんが、十分な無料容量を有しています。Mac Officeは固定費のまま人によっては便利なiPadやクラウドの使い方を解説してみました。Microsoftアカウントを持っていれば、5GB無料でクラウド使えますから、出先でMacbook Air開くの面倒だよという向きには、おすすめのやり方です。iPadのOfficeは買い切りできるの?と思われるかもしれませんが、残念ながらMicrosoft365を購入するか10.2インチ未満のiPad第6世代以前、iPad Pro9.7で無料で使うことになります。iPad Pro9.7かなり古いですが、現役です。みなさんは11インチのiPadなどを使っていると思いますが、そういう場合残念ながらMicrosoft365かOffice Online(無料)になります。

iPadでミニロトを予想しているところ。Macに戻れば、永続版にそのまま反映されます。クラウドだからです。

トして追加料金はありません。

安く買うには

Amazonではブラックフライデーセールやプライムデーで安く売っている他、「Mac Office」で毎日検索を掛けていると少し怪しい業者が、1ライセンスだけOffice 2021を売りますと12,800円という安さで出していることがあります。それを逃さず買うことだと思います。またOffice 2019の1ライセンスも安く出していることがあります。正規のOfficeは2ライセンスあるので余ったライセンスを打ってくれるんだと思います。ぜひ見つけてポチってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました