Twitter for Macが新しくなりリアルタイム通知も可能、便利に

Twitter for Mac Mac

リアルタイム通知ができるように

Twitter for Macはいままで公開を中止していたり、操作性が良くありませんでした。しかしこの程バージョンアップし、念願だったリアルタイム通知が、Twitter for MacのTLの上部の星のところをクリックすると、できるようになりました。これでTwitter for iPhoneのように自動的に最新のツイートが表示されます。

リアルタイム通知をオンにしたところ


iPhoneでTweetの詳細を見ると、Twitter for Macとなっており、Macの公式アプリから投稿していることがわかります。

Twitter for Mac

ただ、iPhoneが近くにあるとそちらの通知のほうが速いので、どこまで、便利になったかは不明です。

12/23に更新されました

それにみんながTwitter for iPhoneとかTwitter for Androidとなっているところにfor Macとなっていれば差別化も図れます。みんな大好きApple信者総1億人創出計画さんはTweetbotを使用しているようです。Apple信者総1億人創出計画さんはDress/Codeの平岡雄太さんと同じように有料のソフトを積極的に使うことで知られ、それが生産性を高めると信じている方です。Windowsに慣れてくるとフリーソフトのありがたさに感服しますが、MacやiPhoneは有料のアプリが多く、個人的に言えば、時間をお金で買う感覚でぼくもソフトを買っています。中にはAdobe Creative Cloudなどのように高額なソフトもありますが、代替ソフトはいくらでもあり、互換性や共同作業を重視しなければ、どうにでもなることです。一番恐れないといけないのは、完成度の低い作品を作ってしまうこと。エヴァンゲリオンの庵野秀明監督も自分より作品のほうが大事と言ってしまうくらいの人ですから、完成度は高めないといけません。そのためにツールはなんでもいいんです。自分が使いやすいツールで完成度の高い作品を作れば読者はなんだかんだ言って付いてきてくれます。だけど誰にでもできるような作品を作ってしまうと、誰も見向きもしてくれません。

それでも文字を選択できない欠点あり

一番困るのが文字を選択できないことです。ハッシュタグなどコピペしたいのですが、できません。またリプライを送りたい時、名前やアカウント名をこれまたコピペできません。困りました。まだまだiPhone版に敵いません。またMacではブラウザ経由の優位が揺らぎません。

話が逸れましたが、Twitterクライアントも公式ので良いという方もいるでしょうし、もっと突っ込んで使ってみたいとアプリを購入される方、Chromeで見るのが一番だよという方それぞれだと思います。トップブロガーのマナブさんはATOK PadでTwitterの下書きをするそうです。Twitter for Macはリアルタイム性にやや難がありまだまだ実用的とはいい難い部分があるのは否めません。人それぞれ生産性を高めるツールはあり、いいねやRTが多く集まるのであれば何でもいいのですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました